常時録画方式ネットワークカメラシステムVA-Visionシリーズ

VA-Vison

最新機能を搭載し高い汎用性をもつIPカメラシステム

一般的な連続方式のVMS(Video Management System)を搭載し、一般的なセキュリティ目的の撮影からシステム連携撮影まで幅広い用途に対応します。
全方位カメラの魚眼映像は、ライブでも録画再生でも平面展開をして視点を自由に動かすことが可能です(※)。
1台のレコーダーにONVIF対応であればメーカー問わず、最大128台まで接続が可能です。
※VIVOTEK社製全方位カメラと接続時のみの機能となります。

VA-Visionでのシステム連携撮影(オプション機能)

VA-Visionにオプションの自動エクスポート機能ABE(Auto Batch Export)を搭載することで、システム連携撮影を実現します。エクスポートされる映像ファイルは任意のネーミングやファイリングが可能です。

ディスプレイイメージ


ディスプレイイメージ検索イメージ


VA-Visionシリーズ特徴

  • 多くの生産現場で実績のあるVMS(VAST2)を搭載
  • 通常型VMSとして最新機能を網羅
  • 通常のネットワークカメラシステムとして導入後に、システム連携撮影使用にバージョンアップが可能
  • H.265対応で120fps撮影や4K撮影も現実的な帯域で可能
  • 優れた全方位カメラ映像のDe-warp(平面展開)性能
  • カスタマイズ開発内製対応可能

仕 様

製品名 VA-Vision
録画ch数 32/64/128ch
同時再生数 16ch(全方位カメラは4chまで)
ABE(オプション)搭載時機能
映像ファイル 連続したファイルのオリジナルフォーマット
イベント情報 フラグ管理
エクスポート映像 独自フォーマット(再生時専用アプリが必要)
静止画撮影 自動化は要開発
静止画管理 情報連携は要開発