クラウド映像監視EAGLE EYE Cloud VMS

eagle_eye_networks

シンプルでスマートな遠隔映像監視システム

EAGLE EYEのクラウドVMSは、カメラ映像をクラウド上のサーバーへ保存し、インターネットを介してパソコンのブラウザやモバイル端末のアプリで閲覧が可能なシステムです。現在お使いのIPカメラやアナログカメラをインターネット接続したブリッジに接続するだけで、カメラ映像をどこからでも閲覧することが可能となります。
映像をクラウドに保存することで、企業はこれまで必要だった多くのハードウェアとそれに伴う費用を最小限に抑えることもできます。

ディスプレイイメージモバイル端末イメージ

EAGLE EYE Cloud VMS特徴

  • 完全に暗号化して管理される映像データ
  • ポート開放不要
  • さまざまな設定が可能な帯域幅管理
  • 既存のIPカメラ又はアナログカメラが接続可能
  • オンプレミス/クラウドの両方を選択できるストレージ
  • インターネットとカメラのネットワークを分離させたシステム構成

仕 様

構成イメージ 構成イメージ
安全性 映像通信の暗号化
インターネットとカメラネットワークの物理的分離
ファイアウォールの設定不要
信頼性 クラウド内ストレージサーバーの3重冗長化
保存データの暗号化
柔軟性 IPカメラ/アナログカメラの両方が接続が可能
オンプレミス/クラウドの両方を選択できるストレージ
さまざまな選択が可能な通信帯域幅管理
操作性 パソコン/携帯端末で場所を選ばず閲覧可能
直感的なインターフェース
拡張性 ロイタリング解析
侵入検知
カメラへのいたずら防止
人数カウント
提供元リンク EagleEyeNetworks