New
DataLogger model U1

異材判別器用データロガーシステム

本装置は、UMS-6500及びUMS-6500Ⅱ本体(以下UMS)のRS-232Cポートを使用して、UMSから出力される検査結果データ、画面ハードコピーをUSBメモリに記録する装置です。 検査結果のトレーサビリティが必要なお客様に最適な機器です。

DataLogger model U1

主な特徴

シンプルな操作性

付属のケーブルをUMSに接続し、ボーレートを合わせるだけですぐに使用開始できます。
UMSから電源を取れるので、別途電源を用意する必要もありません。小型軽量でスペースも取りません。

シンプルな操作性

ソフトウェアはUMS通信ソフトで一括管理

データロガーに関する機能は、UMSに付属する通信ソフトウェアに内蔵。データ管理を1つのソフトウェアで行うことが可能です。

ソフトウェアはUMS通信ソフトで一括管理


保存されたログファイルごとにCSVファイルに変換することが可能。表計算ソフトなどを使って測定結果のデータ分析に活用することができます。

ソフトウェアはUMS通信ソフトで一括管理

Get ADOBE READER

最新の Adobe Acrobat Reader は https://www.adobe.com/jp/ からダウンロードしてください。

仕様

型式 DataLogger model U1
USBメモリ 最大 32 GB : FAT32フォーマット
付属USBメモリ : 8 GB 以上
※1 GB当たり最大1200万件保存可能(保存条件による) 
通信 RS-232C準拠
ボーレート : 9600, 19200, 38400, 57600, 115200 bps
(本器内のハードウェア設定による) 
時計 時計精度 : 月差 ±2 分以内(25 ℃)
CR2032 : 電池寿命 約 7 年(25 ℃)
(本器の電源OFF状態が長期になると電池寿命が短くなる場合があります) 
動作環境 周囲温度: 0 ℃ - 40 ℃(本器のみ)
湿度: 30 % - 90 % (結露無きこと)
外形寸法 W: 140 mm H: 65.5 mm D: 100 mm
(突出部含まず) 
重量 約 0.5 kg (本器のみ)
電源 DC12V (Min. 10 V - Max. 18 V)