”製造工場向け”監視カメラシステム

録る映像から使う映像へ 監視カメラは人の目に代わって24時間映像を録画していきます。蓄積された映像を有効活用することで、様々な用途に利用が可能です。

映像監視ソリューション
製造工場に求められる情報漏洩対策・危機管理対策。監視カメラや入退出管理システムは、それらを防ぐ方法として非常に有効な手段です。
セキュリティ機器を導入し、外部からの脅威を排除すれば、内部(関係者)の犯罪も防ぐことができます。そういった外部・内部の脅威を排除しつつ、監視カメラ=可視化(見える化)ツールと考えることで、防犯のみならず品質管理や業務改善用途としても有効に活用できます。
防犯 防犯 品質管理 品質管理 業務改善 製造工場
機器接続例
豊富な監視カメララインナップと導入実績から、利用目的に合わせた監視カメラ機種選定をご提案致します。品質管理目的で映像を保存する場合、製品の品質保証期間や賞味期限+αが映像保管の目安となります。ネットワークストレージなど大容量ハードディスクを搭載できる装置を併用すれば、数年単位での映像保存が可能です。
映像録画装置標準搭載の遠隔監視機能を利用すれば、遠隔監視用のパソコンや、高機能携帯端末で現地のリアルタイム映像、録画映像の閲覧が可能になります。
機器接続例

業種別導入事例

製品に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。