アクチューニTOP

センサー/特徴・特徴事例紹介

当社では、各々の検査対象品に合わせたオーダーメイドに
近い形で、センサーの製作を行なっています。

貫通プローブ

きず検査や、異材判別に使用します。きず検査では、鋼管・パイプ・線材等の表面きずを検出します。異材判別では、ベアリング、ギア等主に自動車部品の異材混入・熱処理不良品の混入を検出します。検査対象のサイズや形状に合う様々なサイズ、仕様のプローブを取り揃えております。

きず検査用貫通プローブ

内挿プローブ

主に熱交換器等の配管の保守検査に使用します。管の中に挿入してプローブを引っ張りながら、きずや減肉等の検査を行います。管のサイズや形状に合う様々なサイズ、仕様のプローブを取り揃えております。

内挿プローブ

上置プローブ

きず検査用のプローブです。主に割れ、きず、巣等の表面探傷に使用します。検査する部品の形状に合わせて最適なプローブをご提供します。

きず検査用貫通プローブ

プローブ製作

当社では、プローブの開発・設計・製造まで自社内で行っております。お客様のご要望に応じた細かな設計変更など柔軟かつ迅速に対応させていただきます。

プローブ製作