アクチューニTOP

保守検査 EddyStation SWII

渦電流探傷器(Windows対応型)

この渦電流探傷器は、Windows OS上で動作する単周波数型渦電流探傷器です。パソコンと本体をUSBケーブルで接続し専用のソフトを立ち上げると渦電流探傷器になります。マウス操作が主体で、さまざまな表示や波形の拡大ができ、採取した画像やデータは他のアプリケーションでも利用することが可能です。

保守検査 EddyStation SWII

主な特徴

ノート型パソコンとの組合せで使い方はいろいろ
基本的にはWindows上で動作するため、操作はマウスやキーボードで行ないます。採取したデータは、保存、読出しが自由にでき、波形や設定条件などを別のアプリケーションで扱うことが可能です。検査報告書などの作成に威力を発揮します。
波形表示はストレージ機能を搭載しており、ブラウン管画面のように滑らかに波形を表示できます。
また、アナログ出力(BNCコネクタ)を搭載しているので、チャートレコーダーへの出力も可能です。
専用ソフトは、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 に対応しています。
高速サンプリング
最大10kHz(10,000ポイント/秒)という高速で波形の描画を実現しました。 高速で検査する場合でも、波形のピークポイントを逃しません。
報告書作成にご利用いただけるよう様々な波形表示モードを搭載

>報告書作成にご利用いただけるよう様々な波形表示モードを搭載

探傷結果はUSBメモリを介して、パソコン(Windows)上の専用ソフトを使い測定結果を閲覧し、報告書用のデータを作成することが出来ます。
波形表示は、XY表示、XY極座標表示、VT表示、VT+XY表示の4種類から選択できます。

簡単な波形の解析が可能

簡単な波形の解析が可能

2本のカーソルを操作して目的の波形のX軸振幅電圧、Y軸振幅電圧、ベクトルピーク電圧、位相角度を瞬時に数値表示することが可能で解析する場面でも活躍します。

    Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

Get ADOBE READER

最新の Adobe Acrobat Reader は https://www.adobe.com/jp/ からダウンロードしてください。

仕様

励磁方式 単周波型電磁誘導法、自己誘導型/相互誘導型(いずれかを選択)
試験周波数 500 Hz - 2 MHz(有効数字上位2桁で設定)
感度設定 0.0 dB - 60.0 dB(0.1 dB ステップ)
位相設定 0.0 deg - 359.5 deg(0.5 deg ステップ)
ブリッジバランス 電子式オートバランス(固定バランス、追従バランス)
L.P.F. 10 Hz - 990 Hz、24 dB/Oct(有効数字上位2桁で設定)
H.P.F. OFF, 1 Hz - 99 Hz(1 Hz単位で設定)、24 dB/Oct、または 12 dB/Oct (選択式)
アナログ出力 BNCコネクタ X、Y ±10 V アナログ出力
10 kHz サンプリングD/A出力(分解能14bit)
記録媒体 OSがサポートしている媒体に記録できます
印刷 OSがサポートしているプリンタに出力できます
対象OS Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
パソコン対応機種 USB I/F内蔵 OSの推奨スペック以上
表示画面サイズXGA以上(1024×768ドット)
USBインターフェース 適合コネクタBタイプコネクタ
POWER自己電源
転送速度フル・スピード・モード(12 Mbit/秒)
動作環境 温度: 10 ℃ - 40 ℃ 湿度: 10 % - 85 %(結露なきこと)
外形寸法、重量 H: 75 mm W: 255 mm D: 280 mm(突起部含まず)、3.2 kg 以内(本体)
入力電源 AC 100 - 240 V ±10 %、50 / 60 Hz、30 VA
    Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。