アクチューニTOP

保守検査/渦電流探傷器

近年、検出能力を向上しながら検査の効率化を要求されるフィールドが増えてきており、パソコンを使った装置も定着しつつあります。
当社では、そのユーザーのニーズを満足させるために、検査したその場で欠陥の種類や深さなどを表示・記録・再解析できる検査装置の提案をしています。 パソコンで本体のコントロールと波形表示を行いますが、検査結果の報告書を作成する場合を想定し、波形の再生機能や画像の加工などが簡単に出来る様になっています。