アクチューニTOP

New
きず検査 EddyInspector LXⅡ

ライン用渦電流探傷器

この装置は、基本性能を満足しコストパフォーマンスを追求した、
ライン用渦電流探傷器です。初めての方でも直感的に使えるように
設計されています。
従来モデルEddyInspectorLXには無かったVT表示機能や2CH同時波形
表示(2CHモデル)を標準装備しました。また、オプション機能により、
多彩な検査を行うことが可能です。

きず検査 EddyInspector LXⅡ

旧機種から進化した機能

■標準
 ワーク回転検知機能
 VT表示機能
 特定の部位を検査中断できるマスク機能
 I/Oチェック機能
 設定項目別の操作禁止機能
 画面ロック機能
 CH1・CH2同時表示機能(2CHモデルのみ)

■オプション
 型番メモリー保存機能(100件)+シリアル通信機能による設定変更+付属ソフトによる設定のバックアップ機能
 しきい値2の追加(□、○、コーナー、楕円)
 NGピーク電圧送信(シリアル通信機能実装時のみ)

主な特徴

6.5インチTFTカラー液晶ディスプレイの採用・6個のボタンとジョグダイヤルで操作性アップ

6.5インチTFTカラー液晶ディスプレイの採用・6個のボタンとジョグダイヤルで操作性アップ

明るい場所でもはっきり表示できるTFTカラー液晶ディスプレイを使用しています。また、デジタル表示器でありながら、アナログの様に滑らかな描画を実現しつつ、デジタルの特徴を生かして波形の残像を残すストレージ機能を搭載しております。 6個のボタンとジョグダイヤルにより、初心者の方でも直感的に操作ができます。

わかりやすい検査画面

新たにVT表示機能を搭載し、測定波形の時間的な変化を確認することが可能です。2CHモデルでは、従来は切り替えて表示していた検査画面が、2CH同時表示
できるようになり、利便性が向上しました。校正時は1CH表示画面で調整し、検査時は2CH同時表示にすることで、各チャンネルの現在の検査状況を1画面で確認することができます。

わかりやすい検査画面

アナログ信号出力端子

アナログ信号出力端子

レコーダーで探傷信号を記録できるように、X、Yそれぞれにアナログ出力(BNC)端子を装備しています。

制御用入出力端子の充実

確実な検査ができるように、入出力端子を豊富にそろえています。
また、接続を簡素化できるよう脱着式の端子台を採用しました。

制御用入出力端子の充実

1CH型と2CH型の選択が可能
用途により1CH型と2CH型の選択ができます。

Get ADOBE READER

最新の Adobe Acrobat Reader は http://www.adobe.co.jp/ からダウンロードしてください。

仕様

チャンネル数 1ch型、2ch型
検査方式 電磁誘導法
コイル形式 自己誘導/相互誘導
励磁方式 単一周波数 10 Vp-p 正弦波
試験周波数 2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256, 512 kHz
600 kHz ~ 2000 kHz (100 kHz ステップ)
感度設定 0.0 dB - 60.0 dB (0.1 dBステップ)
60.0 dB - 80.0 dB (0.5 dBステップ)
位相設定 0 deg - 359 deg (1 degステップ)
コイルバランス 手動型バランス(約100 ms)
追従型バランス(2速度選択式)
追従速度は 0000 - 0FFF から設定
LPF回路 50 Hz - 1000 Hz (10 Hz ステップ) -24 dB/oct
HPF回路 未使用, 1 Hz - 500 Hz (1 Hz ステップ) -24 dB/oct
判定機能 0 V を中心としたウィンドコンパレータ
±0.20 V - ±9.99 V 及び DISABLE(0.01 Vステップ、X、Y単独設定)
ワーク回転検知
表示 6.5 インチ TFT カラー液晶ディスプレイ
設定値表示、検査中表示、良品表示、不良品表示、異常表示
波形表示(XY1CH、XY2CH、VT)、I/Oチェック、画面ロック
言語 日本語/英語(オプション)
アナログ出力 X,Y出力 DC ±10 V (BNCコネクタ)
制御入力 P(+12 - +24 V 電源供給)
N(電源GND)、AUTO、OPE、CLR、BAL、MASK(端子台)
制御出力 OK、NG、RDY、OPE、BAD、MARK、WDT(端子台)
動作環境 周囲温度:5 - 40 ℃、湿度:10 - 85 % 以内(結露無きこと)
電源仕様 単相 AC100 - 240 V ±10% 50/60 Hz 40 VA
寸法 W:370 mm H:149 mm D:350 mm(突出部は除く)